php歴史

phpの歴史

現在 php として知られているものは、かつて 「PHP/FI」 と呼ばれていたソフトウェアの後継です。 1994 年に生み出された最初のphpはシンプルな CGI バイナリ群で、C 言語で書かれていました。 元々はオンラインで公開している経歴書のアクセス履歴を調べるために使われ、「Personal Home Page Tools」と名付けられていました。それを略して、「PHP Tools」。
その後、さまざまな機能追加の要望が出てきたところで、PHP Tools を書き直されました。より大規模でリッチな実装になったわけです。このニューモデルはデータベースも扱えるようになり、一種のフレームワークとして使えるようになりました。おかげでユーザーは、掲示板のようなシンプルな動的ウェブアプリケーションを作れるようになりました。そして1995 年 6 月、PHP Tools のソースコードは公開されました。ユーザーが自分でバグ修正や機能改善をすることも許可されていましたし、むしろそれが推奨されていました。

FIから再びphpへ

1995 年の 9 月にはphpはさらに発展し、一時的にphpではなく、「FI」と呼ばれています。この実装には現在のphpの基本機能のいくつかが含まれていました。 Perl 風の変数、そしてフォーム変数の自動取得、HTML に埋め込める構文などです。構文は Perl と似ていましたが、より制限されたシンプルなもので、 どこか一貫性に欠けるものでした。 実際、コードをHTMLファイルに埋め込むには HTML のコメントを使う必要がありました。
FI はその後も成長を続け、1995 年 10 月、コードを完全に書き直された版がリリースされ、再びphpの名前がつきました。これは、当時としてはかなり進んだスクリプトインターフェイスを持つもので、意図的に C の構文に似せて作られ、C や Perl などを知っている人たちが移行しやすいようにしてありました。この時点ではまだ UNIX や POSIX 準拠のシステムにしか対応していませんでしたが、 Windows NT 上での実装も検討されていました。