phpとは

「php」とは?

php」とは、web開発でよく使用されるスクリプト言語です。

HTMLに埋め込むことができます。「JavaScript」 もweb開発でよく使用されるスクリプト言語ですが、phpとJavaScriptの大きな違いは、そのコードがどこで実行されるかにあります。

JavaScriptはwebサイトを閲覧しているブラウザであるクライアントサイドがコードを受け取り、そこで動作します。

つまり、どのようなコードが書かれているのか、誰でも見ることができてしまいます。

一方phpはサーバーサイドでコードを実行します。クライアントサイドはその結果のみを受け取るため、どのようなコードで導き出された結果なのか見ることができません。
phpを実行するには、phpがインストールされたwebサーバが必要です。

ローカルに開発環境を用意したい場合は、XAMPPを使うのが便利です。

また、phpを使用することができるレンタルサーバーもあるので、すぐに勉強を始めたいという場合は便利です。

phpの仕事

phpの仕事はひとつのページに様々な情報を反映して動的なページを作ることができます。

phpでよく使用されるのはHTMLソースコードを生成する、データベースと連携する、クライアントから送信された情報を受け取る。この三つです。
phpを使うと、HTMLソースコードを作成することができます。

すべての文章をphpで書く必要はなく、HTMLの一部分のみphpで生成するということができるのです。

またphpを使うとMySqlやPostgerSQLなどさまざまなデータベースと連携したwebサイトを簡単に作成することができます。

ブログや掲示板などのサイトは、記事をデータベースに記録し、サイトへのアクセスがあるとphpでその記事のデータをデータベースから読み込んで表示させています。

HTMLのフォームでユーザーが入力した情報を、phpを使って受け取ることができます。

HTMLで作成したフォームから送信された情報を受け取って、HTMLソースに表示したり、データベースに保存したりすることができるのです。